クリエイターとして

今年作ったダンスチーム衣装は、象徴的な赤と黒の表現で・・・

今年の夏はコロナ禍で、舞台や、コンクールがことごとく中止になりました。 しかしその中でも ギリギリのところで踏ん張ってくれた大会がありました。 『第13回のダンススタジアム』 顧客様である高校ダンス部にとっては、唯一、舞台でのパフォーマンス戦となりました。 

mint
mint
衣装を量産したものの、本当に大会があるのか?本当にぎりぎりまでナーバスになっていました。 
pinky
pinky
WEBでの観戦でしたが、地方大会の時は、やたらと緊張の面持ちで見てました。

ダンス大会の本戦は横浜の地で

昨年、優勝したので、今年は大注目の中、 しかし、思い描いた覇者への取り巻きとは、一味も二味も違った風景が・待ち受けていました。 コロナ禍(´;ω;`)

地方大会から、本戦までの間も冷や冷や💧 ダンス部の顧問の先生も祈る想いでおられたようでした。  何とか、何とか、、、 感染が広がらず、患者が出ず、無事に大会が行われますように と。 

本当にあの時期は、新幹線に乗れるんだろうか? 密になりはしないだろうか?と 気が気ではありませんでした。

 

本戦では、最善のソーシャルディスタンスがとられ、エールや声を出すことも控えた、静かで重い空気の中で行われたようです。

この大会で、舞台での戦いは最後となってしまう3年生は、この行き場のないフラストレーションをどこにぶつけたらいいのか? 悔しい思いをしていることと思います。  

 

ただ、世の中のすべての人が同じように いや もっとつらい立場の人もいることも十分に理解できる年齢なので、この時期が静かに過ぎることを待つしかありません。私たち大人も同じ思いです。

「今を強く生きろ~」 という意味を込めて魂をぶっこんで作った衣装

今年の衣装のテーマは、フランスのノーベル賞作家、アルベール・カミュの『ペスト』と聞き、顧問の先生から、色とイメージをうかがいました。

フランスの作家・アルベール・カミュが書いた小説。出版は1947年。1957年に40歳台前半でノーベル文学賞を受賞したカミュの代表作の一つである。 フランツ・カフカの『変身』とともに代表的な不条理文学 

「ペスト」は「黒死病」とも呼ばれ、パンデミック(全地球規模の流行)を引きおこしている。

 

小説のイメージと、別名「黒死病」と言われた恐怖の伝染病を表現するために アシンメトリーな片袖に、黒のオパールレースを使うことにしました。 私が衣装を創作する中で大事にしていることは、つながった感 です。 

繋がった感 とは、 取って付けたような貼り付けではなく 意味があって結びついてる造形といったイメージです。 どうしても片袖を黒にしたかったので、ネックの後ろ部分の半分から つないで作りました。

 

最初のデザイン画は こんな感じで進めました。 

デザイン画を描くことで、顧問の先生のイメージもビジュアル化され、この地点からお互いに想像を創造する世界に突入です。

     

 

そして、ファーストサンプルは、 こんな形状に!!

     

 

そして、 試着後の修正をした。セカンドサンプルはこんな感じになりました。

アウトラインとディティールはこの時点でほぼほぼ、 決定しました。

 

モチーフのイメージを画像加工し、 イメージを具体化!!

そして、細かな修正をした3回目の修正衣装では、 8分丈くらいのスパッツを内蔵し、さらには黒のスカートをジョイントしたオールインワンにしました。 重みは相当増しましたが…

 

大会は民放とNHKで放送

大会は幾度も 地上波で放送されました。 昨年のパフォーマンスを含め大満足の編集でした。 また再放送される時が来ると思います。 

3年生は、部活を引退しましたが、素晴らしいパフォーマンスは、ずううっと、私たちの頭の中と心に残っています。 感性を揺さぶり、負けない人間の強さと、女性の美しさ そして、今を強く生きる。 素晴らしい芸術作品です!!

上位入賞の作品は、どれも素晴らしい芸術品となっていました。 恐るべし高校生!!

 

実際の舞台の動画は

スポーツブル SPORTS BULL

DANCE STADIUM が見れます。 動く弊店の衣装を見てください。 

 

今年の衣装の作成動画を作りました。 今年は格別な想いで作りました。(´;ω;`)

たった一人で、寡黙な ただただ作業する風景ですが、魂をぶっこみましたよん♡

 

mint
mint
人知れず作業する衣装クリエイターのわたくし Mint どえす!

うれしいお手紙33通いただきました。

衣装を着てくれた ダンス部のメンバーとコーチ、総勢33人からうれしいお手紙をいただいたことは、衣装クリエイターとして最高にうれしかった出来事です。

 

・新入生の時から、私の衣装を着られるのを楽しみにしていてくれた子 

・ダンス部の強みの1つに私の作る衣装があります。と言ってくれた子

・服飾に興味がある子、

・袖を通すと士気があがる

・疲れていても衣装を着けるとスイッチが入る

・その世界に入れる、

・3年間これらの衣装で踊れて本当に良かった

そう言ってくれました。

 

このお手紙は 私の宝物です。 

単純にダンスというスポーツだけでなく 文学、表現、そして感情のコントロール、心が豊かで、人を思いやれる、素晴らしい教育をされているなと、改めて感じました。 

mint
mint
クリエイターとして、私は報われました。私が勇気づけられました。 みんな 本当に ありがとう!!

 

mint
mint
うるうる(´;ω;`) いい話ですね

mint
mint
はいいー 気持ちよくなったところで 今回はこの辺で、。。。。 またね。 Mintでしたー 

 

【創作ダンス大会用衣裳を追加2着作りました。】制作過程を公開(完結編)ダンスの種類はたくさんあって、きっちりとした区分けは難しいですよね。衣裳の種類も様々で、スタイルを分けるのは無理!です。 弊店はスタート...
【ダンス部コンクール衣装】攻略的な衣装つくりのポイントは? 攻略的な衣装つくりのポイントは? 中高ダンス部のコンクール、大会などがとっても盛り上がっています。 青春をダンスに捧げ、3年間を燃...
ABOUT ME
mint
【ダンス衣装クリエイター】Mintです。  四国の田舎に暮らし、自宅アトリエで一人でコツコツダンス衣装を作っている 「カットソー専門、ひとりアパレル」です。 創作した衣裳で、全国のパフォーマさんが活躍する姿を楽しみにしています。 当ブログでは、衣装つくり13年以上の経験と、デザインから製作する過程や苦労話、カットソーの大胆かつ繊細な作り方をお伝えしていこうと思っています。プロフィール記事は↓ 【ダンス衣装クリエイター】mintです。  プロフィール記事  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA