デザイン

ダンススカートの形と素材【パニエを組み込んだスカートの作り方】

演目のテーマや表現に適した「ダンススカート」は、どんな形や素材が良いのか? 弊店の衣装での特徴を解説してみます。

mint
mint
どーも Mint です。ダンススカートのスタイルはたくさんありますが、弊店ではサーキュラースカートを変形させたものが大半を占めています。 

サーキュラースカートの魅力!!とは?

ベーシックなスタイルは、フルサーキュラー360度で、いわゆる1円ですよね。真ん中をぐるりと、くり抜けばできちゃいます。 

関連記事【3色段重ねのサーキュラースカートを作ってみよう!】製図を解説 も360度の形状で作っています。  ご確認ください。 ウエストはギャザーにして、裾をアシンメトリーにした3色の段重ねのスカートです。

さらに、特徴をいかしながら、バリエーションを増やしていきます。

素材の特徴を生かしたサーキュラースカートは、

  • ジョーゼットを使えば、エレガントで、ドレープがやさしく舞いあがり、エアリーな感じになります。
  • トリコットを使えば、 落ち感があり、足にまとわりつく感じが得られます。
  • チュールを使えば、ロマンチュチュ風のバレエ衣装のような形状になります。(下段画像、Youtube動画)
  • サテン、オーガンジーなどもかわいらしいスタイルになります。関連記事【プルオンのチュチュ風スカート】のパターンと縫い方

 使い方は無限大です。

下段の画像とYoutube動画は、チュールパニエを内蔵した、ロマン風のぷっくりとしたスカートです。 ウエストは5㎝幅のゴムを貼り付けた、ギャザーサーキュラーとなっています。

クラシックなスタイルですが、 ポップなキャンディーのような、ピンク、黄色、水色などの様々な色のスカートを作りました。 シアターダンスのステージでは とっても存在感があり、華やぎました。

Youtube動画は パターンの説明をしています。

 

パターンの度数を変えてフレアーの形状を決めましょう!

動きのあるフレアー感を、計算しながら作れるのが、サーキュラースカートの面白さです。

衣装クリエイターとしては、ダンサーが動いた時にどんな風に見せられるのか? 妄想しながら作っています。 思い通りか? あちゃー失敗!なのか? 想像以上なのか? 結果を楽しみにしています。 

弊店では、サーキュラーの形状は、2分の1円(180度)を最小としています。 最大は2円の720度も作りました。 それぞれ、素材や、演目のテーマに合わせてパターンを作っています。

 

ヘビー顧客様は、動画や、写真を送ってくださいますので、ウハウハで見せていただいてます。 ご活躍の情報の載ったサイトや、Youtube、 テレビ放映などなどを観たりしながら、 ワクワクしながら、サーチをしては、精進しております。 

mint
mint
当然にその顧客様には、熱が入りますし、気にかけてしまいます。

 

ダンサーの足にどんな感じでまとわりつくのか? どれくらい舞い上がるのか? どんな動線を描いているのか?などインプットしています。

 

サーキュラースカートさえ、押さえておけば、どんなダンスにも使いまわせるでしょう!組み合わせる 素材、着丈、度数だけをチョイスするだけです。

  

pinky
pinky
サーキュラースカートは万能というわけですね。
mint
mint
弊店のスカートもほとんどが サーキュラーの組み合わせチョイスです。 ぜび、参考にお試しください。  ではでは~~~Let’s make Dance Costumes!    Mintでしたー 

 

ABOUT ME
mint
【ダンス衣装クリエイター】Mintです。  四国の田舎に暮らし、自宅アトリエで一人でコツコツダンス衣装を作っている 「カットソー専門、ひとりアパレル」です。 創作した衣裳で、全国のパフォーマさんが活躍する姿を楽しみにしています。 当ブログでは、衣装つくり13年以上の経験と、デザインから製作する過程や苦労話、カットソーの大胆かつ繊細な作り方をお伝えしていこうと思っています。プロフィール記事は↓ 【ダンス衣装クリエイター】mintです。  プロフィール記事  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA