ダンス衣装の作り方、手順

ハサミがなくても衣装は作れます。スッキリ綺麗な裁断方法はこれ!!

私は お客様の衣装を作り始めて 13年になりますが、 いわゆる「裁ちばさみ」は ほとんど使いません。  洋裁の先生に怒られそうですが、、、

大きな裁ちばさみは洋裁の要であり、ミシンと並んで象徴的な道具ではありますが、 私は生地の荒裁ちにしか使用しません。 なぜならば、ハサミは生地を浮かさないと動かせないですよね。  布を断つとき 裁ちばさみは裁断ズレを起こすものとなってしまうからです。  それを解消する方法があます。    

ハサミを使わずきれいに裁断する方法とは?

ハサミは使わない代わりに 2つの道具を使います。 

1つは、 ビニールクロス=分厚目の透明テーブルクロスです。 厚さは3mm以上が理想です。 専門の裁断クロスだと1・0cmくらいありますが、高価になってしまうので とりあえず、ホームセンターで3mm以上くらいの固めのものを用意してください。 大きさは テーブル大で・・

mint
mint
もう一つの道具は これ!!

オルファ製の45mm ローラー型のカッターです。 オルファはおなじみ替え刃のカッターが有名ですが、 こちらも同じく替え刃があります。 私は10本組を1年から1年半くらいかけて交換しています。 そう考えれば、すごく長持ちしていますよね。 刃が金属やプラスチックに接触すると すぐに切れなくなりますから、当てないように・・・  ですが布を切る分には かなり耐性があります。  上手に使って長持ちさせましょう!

2つの道具を使うことでパターン通りのすっきり裁断ができます。

ビニールクロスをテーブルに敷き、 布を置きます。  縫い代の付いた状態のパターンを配置したら、そのままロータリーカッターでなぞりながらカットします。 刃を変えたばかりの時は ものすごく切れ味がいいので、指が触れないように要注意です。 (触っただけで 血が滲みます。) 

これさえあれば、ストレスのない 裁断が可能となります 薄い布だと5~6枚重ねできます。 ダンス衣装では 切りっぱなしという始末の無い状態を好む傾向にありますが、 切れ味の良いスパッとした裁ち目は これの仕業です。

mint
mint
お試しあれ~~~

ABOUT ME
mint
【ダンス衣装クリエイター】Mintです。  四国の田舎に暮らし、自宅アトリエで一人でコツコツダンス衣装を作っている 「カットソー専門、ひとりアパレル」です。 創作した衣裳で、全国のパフォーマさんが活躍する姿を楽しみにしています。 当ブログでは、衣装つくり13年以上の経験と、デザインから製作する過程や苦労話、カットソーの大胆かつ繊細な作り方をお伝えしていこうと思っています。プロフィール記事は↓ 【ダンス衣装クリエイター】mintです。  プロフィール記事  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA