デザイン

【ダンススカートの秘密💛】究極のパフォーマンス衣裳となる?

ダンスの衣装が着崩れたり、気になって踊りに集中できない! なんてことがあっては、感情が飛んで行っちゃいますよね。 観ているほうも、冷めてしまいます。 こんなことでは、せっかくのパフォーマンスが台無しになってしまいます。

mint
mint
はい、どーもっ! Mintでございますう= 今週はまたまた、良いことがあったんですよね。(^^)V  顧客様の躍進ぶりが、胸熱くて、、、 踏ん張り甲斐がありますう===

衣裳を作るが側からの判断で、恐縮ではありますが、 踊りやすい衣装って何だろう???? これを突き詰めます。 着やすさだけでなく他にも・・・・ 

移動と持ち物が多いダンサーさんのことも考えてます。 メイク道具、シューズ、サポーターやインナー、髪飾り、小道具などなど 目いっぱいになりつつ、楽屋とウォームアップの場所を往復したり、、、、 この辺までは 想像できます。  なので、できるだけ負担の少ない衣装にしようと思っています。

pinky
pinky
それで、「Menuet 」はオールインワンの衣装が多いわけですね。
mint
mint
そおおぉーなんです。一発装着できますからね。 そして、ハードな踊りでも平気な、キックバックの強いストレッチ素材を使っています。 

それだけではありません。 オールインワンのメリットは、衣裳の着崩れがないから、ダンスに集中できるわけです。 ウエストからシャツがはみ出たり、ボトムがずり落ちそうになったり、肩が抜けたり ってことがないように・・・・ 仕込んであります。  関連記事「制作過程完結編」にも掲載していますので、ストレッチ生地の端始末 動画も含めてごらんください。

関連記事内の動画、完結編は、某ダンス大会の優勝衣装になりますので、複雑ソーに作っています。 が、 この記事の「ダンススカート」は、いたって単純なつくりではあります。しかしながら、…・ 秘密があります。

「究極のダンススカート」という理由

まずは 動画を見てくださいね。

 

 このスカートがなぜ、究極のダンススカートなのか? を説明します。

 

特徴

  1. 2WAYトリコットデニム調生地を使っている (縦横伸びるゴム系繊維混紡)
  2. 激しく踊っても苦しくないように、共布の幅広ウエスト(帯状)にしている
  3. 前スカートは、めくれ上りが少ない形状に 
  4. 後ろスカートだけを、フルサーキュラーの形状に
  5. 脇で後ろスカートに段差をつけ、ケミカルレースを貼り付けているので重みが出て、裾が踊る。と同時に、表情が生まれる。
  6. ショートパンツが内蔵されている。

つらつらと盛り増しして書きましたが、 大したものではございません。 m(__)m

最大の特徴は6項目めのショートパンツが内蔵されているところになります。 

mint
mint
バレエ衣装のチュチュボンの要領です。 これをカジュアルに作ってみましたー というものです。

スカートは2WAYトリコットを使用しさらに、後ろはフルサーキュラーのレース付きとなっているので、重みはあります。 が、ウエストの幅広帯のおかげで、ホールド感があり、安定します。したがって、重みは感じないという設計にしています。 

pinky
pinky
逆に 後ろスカートの重みが踊った感を盛り上げてくれるのでは????
mint
mint
はい、ビビットなピンクのケミカルレースで、キュートにエレガントにパフォーマンスしてほしいです。 ・・・という妄想で作りましたー 💧

弊店の顧客様はコンテンポラリー系、創作ダンス系が圧倒的に多いので、ポップでカジュアルなアイテムとは一線あるようです。 

mint
mint
Mint本人が、妄想のままに作り、どなたの物でもありませんが、意図するものはこのようなものになります。 どなたか? ほしい人がいらっしゃったら・・・ 要交渉いたします。 ではでは~ Let’s make Dance Costumes!  Mintでしたー 

 

ABOUT ME
mint
【ダンス衣装クリエイター】Mintです。  四国の田舎に暮らし、自宅アトリエで一人でコツコツダンス衣装を作っている 「カットソー専門、ひとりアパレル」です。 創作した衣裳で、全国のパフォーマさんが活躍する姿を楽しみにしています。 当ブログでは、衣装つくり13年以上の経験と、デザインから製作する過程や苦労話、カットソーの大胆かつ繊細な作り方をお伝えしていこうと思っています。プロフィール記事は↓ 【ダンス衣装クリエイター】mintです。  プロフィール記事  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA