型紙

【ニットの部屋着パンツ】簡単ソーイングで作ります。

ニットの生地1mで、ワンマイル程度のお出かけまではカバーできそうな、お部屋着パンツを作っちゃいます。 ミシンは本縫いとオーバーロックのみ 型紙は過去に紹介した製図をアレンジします。

mint
mint
どーも Mintでございます。 まだまだ、リモートでのお仕事や、自宅待機などでご自宅でおられる方の多いかと思います。 せっかくなので力を抜いて、リラックスしたいですよね。 そんなときのパンツを今回は仕込みますよーーーー!

pinky
pinky
ミシンの練習にもよい機会ですう=**=

 

ニット素材で作ってみましょう!

今回は 中肉程度の綿天竺 小花プリントを使います。 天竺のデニールは40~30Dくらい 横方法に伸びがあります。  

弊店に有った在庫の素材で、前回はショーツを作った同じ生地です。  今回のパンツは1mでできちゃう ストレートなニットパンツ です。

pinky
pinky
 オイラ 型紙作りがわからないんです。 Mintさん! 

mint
mint
はい、前回紹介した、レギンスパンツを少しだけアレンジします。 前回の記事はこちら・・・・・https://menuet-dance.com/leggings-pants/

ニットパンツ作りの準備と手順

では、始めます。

今回作る ニットパンツの形は、 

mint
mint
  レギンスパンツの型紙を基本として、 ヒップを2~3cm 出して 裾を38cm、丈を72cm上りにしました。

 

mint
mint
ヒップはもちろんですが、太ももや袋ハギの寸法も要確認です!! 生地の伸びが悪くて履けない なんてことの無いように!!

 

mint
mint
パジャマにするなら、足首がずり上がらないように 裾幅を少しだけ狭めればいいですね。

 

本体生地は、 綿100%の天竺素材 1mです。ニットの素材の説明は 関連記事をご覧ください。 中盤以降にニット素材の解説をしています。

超簡単に作れるショーツの型紙を用意しました。作ってみましょう!締め付け感がなく、使用感が気にならない快適なショーツが欲しいと思っていました。 市販のショーツはコスト制限のためか?用尺が小さいせいだろ...

 

その他資材は、 

  • 1.5㎝~2㎝程度の平ゴム 60cm 程度 
  • ウーリースピン25~30㎝程度

 

ニットパンツの型紙

脇接ぎの無いスパッツタイプのストレートパンツです。 

mint
mint
Mintは風呂上がりに部屋着として履いていますが、 ヒップの被りがよくて、「シュッ」としています。 
pinky
pinky
「シュッと」 って!! よーわからん。  でもまあ、いい感じではあります。履き心地よさそうでリラックス  って感じですなあ! 

まず、縫い方の動画をご覧ください。 

 

 基本型紙のレギンスは縦、横に伸びる素材(ポリウレタン混) に対して、今回の天竺は中肉で厚みはあるものの、綿100%なので キックバックはあまりなく、横方向にしか伸びません。         

したがって、動画の裁断場面のように、ヒップの幅や、太ももの幅を出しています。

縦にも伸びないので 履きこみ丈の不足は、ベルト幅分を足して補います。

ニットパンツの縫い方

綿天竺以外にも、リブニット系や、アーガイル風ニットなどがおススメです。 もちろん化繊のニットでもOKです。

生地幅110cm× 1mで 十分です。

縫製工程は・・・・

  1. 片足ずつ、股下を接ぐ
  2. 股繰りを接ぐ(中表に合わせ、ウーリースピンをかます)
  3. ベルトの後ろ部分にゴム通し口を作る
  4. ベルトを二う折利子端ミシン
  5. 本体とベルトを接ぐ
  6. ゴムを通し、輪に縫う
  7. すそ端始末
  8. 裾上げステッチ
 
pinky
pinky
  おうう~ わずか、8工程 
mint
mint
  ベースの型紙作りを頑張ったら、後はアレンジ次第なので ぜひ、お試しくださいね。  
 

型紙の作り方 

関連動画に製図を説明していますが、 ざっくり アウトラインを載せておきます。

基本のレギンス型紙に対して、

  • 青の矢印方向は2~3cm程度幅出しをして、
  • 赤の矢印で寸法を確認し(裾38cm 股下丈72cm+縫い代) 線をつなぎます。
  • ベルト部分は別裁ちします。 ゴム幅により調整してください。 

詳しくは 上記の動画をご覧ください。

基本のレギンスは ダンス用スパッツ(ツーウェイトリコット)に使っている形状なので、フィット感があり、 スッキリ安定したスタイルです。 股下寸法は50cm上がりのスパッツです。

 

注)

動画の利用型紙は袋ハギがシャーリングのスタイルなので 股下寸法が長い設定になっています。

 

 

作り方のポイント  

  • 生地が縦伸びしないので、パンツの履きこみを長くする必要があります。 よって、ベルトを別裁ちして 縦の不足分を補います。 
  • ウエストの伸びがヒップの通る寸法になっているか 確認してください。
  • 生地の特性(縦伸び? 横伸び? キックバック?など) を生かした型紙調整をしてください。

 

この型紙を利用して、のアレンジをしたものが ↓ このシャーリングスタイルになります。 この動画で、作り方をもご覧ください。

 

 

シュガーパンツ風にストレッチパンツを使った方法は ⇓ こちらをご覧ください。

ウエストは2cmの平ゴムをカバーリングしています。

 

 

ダンスのスパッツには ツーウェイトリコットを使っています

 

 

リブ素材(スパンテレコ)で ハイウエストベルトにアレンジ こちらはゴム無し!!

 

 

pinky
pinky
 腹巻付きっぽくてもいいですね。 ミシンの練習にはぴったり!! 

 

mint
mint
はいっ! 丈や、裾幅を調整していろいろアレンジしてみてくださいね。~~~では、Let’s sewing !!  Mintでしたアー

 

レギンスパンツの作り方・型紙の製図解説と生地の紹介ダンス衣装の組み合わせにもよく作る、レギンスパンツや7分丈、8分丈のスパッツの作り方と、製図の解説をします。 適した素材の探し方も紹介し...
【ショーツ型紙作り】綿ニットで作るショーツ! 製図と縫い方を説明します ショーツの型紙を数型アップしましたが、作ってもらえたでしょうか? ニット素材の扱いに、苦手意識を持っていた人も、小さいアイテムのショーツ...

ゴムを使わない簡単ソーイングショーツ  デジタルパターンにして 弊店型紙ショップにご案内しています。

定番ゴム無しショーツのパターンは・・・

型紙ショップ ダウンロード(有料)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
mint
【ダンス衣装クリエイター】Mintです。  四国の田舎に暮らし、自宅アトリエで一人でコツコツダンス衣装を作っている 「カットソー専門、ひとりアパレル」です。 創作した衣裳で、全国のパフォーマさんが活躍する姿を楽しみにしています。 当ブログでは、衣装つくり13年以上の経験と、デザインから製作する過程や苦労話、カットソーの大胆かつ繊細な作り方をお伝えしていこうと思っています。プロフィール記事は↓ 【ダンス衣装クリエイター】mintです。  プロフィール記事  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA