クリエイターとして

【ハンドメイドのクリエイター】としてフリーランスになるには!

衣装クリエイターとして活動するには。。。

個の時代と言われ始め、副業OK!の会社もちらほらある中で、本業以外で収入を得るのは大変なことと思います。何かしないと。。。。と焦ってみても、結局、地に足がつかないと何事も空振りで続かないってことになりますよね。 無理をせず、趣味の延長でスタートするのが長続きのこつだと思います。

困っている人のために自分のできることで奉仕してみよう!!

初めての作品をネットショップに掲載!

私も初めは「ちょっとだけ器用なお母さん」のノリで、娘のバレエの練習着や、エレクトーンの衣装つくりを始めました。 最初のころを思い出すと、恥ずかしくなるほどのクオリティーです。 特に娘のレオタードなどは、小さいサイズなので余った小花柄の布で ⇓ 見よう見まね。 

よくぞ、着てくれました。

次のステップは、信頼を得ること!!

けれど、そんな特別感は周りの生徒さん、親御さん、教室の先生の目に留まります。 洋裁が苦手なお母さんも多いので、ちょっとした注目を浴びます。 そして、「黒いので作って~」 「肩紐2重で作って~」とお友達関係から、最初のオーダーをいただくことになりました。 「とにかく信頼を得ること!!」それがその時の私の最大のテーマでした。 お名刺代わりに、、と安くしたり、差し上げたり…  

   

徐々に、認知され始めたものの、、、、 あとは勢いで、ネットショップを立ち上げてみることにしました。 ジミーに待つこと2か月弱 初オーダーのアラートが鳴った時のことは忘れられない記憶です。

 

お客様からのリクエストを受ける

エレクトーンの衣装を初めて作ったのは、娘がようやくアンサンブルのコンクールに出始めたころ、「え~~衣装がいるの?」 と、戸惑いました。 ジャズでポップなノリ♪の曲で、衣裳は派手に。。。という、先生からのリクエストでした。 市販で買うには今ほどアマゾンにも商品はなく!!

手芸屋さんで買った 一人分が50cmのキラキララメで 無駄の無いパターンを作り 人数分を作りました。  チームのみんなも喜んでくれて、地区内のクラス別コンクールで銀メダルをもらいました。 

  

この↑デザインの衣装でした。 娘の衣装はゴールドで作りました、ネットショップにアップしたところ徐々に、エレクトーンのコンクール衣装に困っている方々から お問い合わせがありました。

自分の価値を提供し、お客様の問題を解決する

この衣装をアップしたあたりから、、、ドドドっと 注文が入るようになりました。 一人棟梁の始まりです。 クリエイティブなお仕事というには あまりにも孤独で、ガラ系(周りに同業者がいない)な、ものつくりが始まりました。 下の子が小学低学年の子育て中ということもあり子供を最優先しつつ、自宅アトリエで日中は作業していました。 夕方には習い事やら、夕食の準備やら、、、今思えば、どうやってこなしてきたんだろうと思います。

そんな スタート時のわたしは、先にどうなる?とか、希望はある?とか そんなことを考えることもなくお客様がリピートしてくださることが 喜びで自信になりました。 困っている人がいて、自分ができることで貢献でき、喜んでくれることに気づき、地方の田舎でもなんとかなりそう! っと!! 

リピーター様を増やす

それから、娘のエレクトーン衣装は年の数だけ増え、受注生産もリピーターさんが増え、いつしかダンスのチーム衣裳工房にたどり着いていました。10年以上が過ぎました。 娘は大学生になりました。いま、振り返ると 恐ろしやー  ==;

mint
mint
クリエイターは孤独耐性がないといけませんね。。。
 

  
ABOUT ME
mint
【ダンス衣装クリエイター】Mintです。  四国の田舎に暮らし、自宅アトリエで一人でコツコツダンス衣装を作っている 「カットソー専門、ひとりアパレル」です。 創作した衣裳で、全国のパフォーマさんが活躍する姿を楽しみにしています。 当ブログでは、衣装つくり13年以上の経験と、デザインから製作する過程や苦労話、カットソーの大胆かつ繊細な作り方をお伝えしていこうと思っています。プロフィール記事は↓ 【ダンス衣装クリエイター】mintです。  プロフィール記事  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA